スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2009.08.06

"Debugger() was called!" in Console

いつの頃からかは分からないけれど、console.log に "Debugger() was called!" なる文字が連続で大量に現れるようになった。こんな感じ。

Debugger() was called!
Debugger() was called!
Debugger() was called!
Debugger() was called!
Debugger() was called!
Debugger() was called!

少し観察してみると、どうも Firefox 使用中に出てくる様子。当時使っていたのは 3.5 の beta 版だったので、そういうこともあるのかなと気にしない事にしていた。

そして今日、他の事を調べていて Console.app を起動したまま Safari や Opera を使用していると "Debugger() was called!" の文字。Firefox 使用時と違って連続で表示されたりはしないが、どうも犯人は Firefox では無い様子。

ググって見ると犯人はどうやら Adobe Flash さんらしい。

確かに Flash が使われているページにいくと、この文字が現れる。どうやら Adobe が修正するのを待つしか無いようだけど、半年以上前から放置ってことは報告されてないのかなぁ。


スポンサーサイト
Posted at 19:59 | Mac | COM(3) | TB(0) |
2009.02.26

Greasemonkey 0.8.20090123.1 がコンソールに大量のエラーを吐く件について

Greasemonkey 0.8.20090123.1 をインストールしていると、次のようなエラーが大量にコンソールに出力されている。どうも Firebug をインストールしてないかららしい。

Greasemonkey getFirebugConsole() error:
(new TypeError("chromeWin.Firebug is undefined", "file:///Users/<username>/Library/Application%20Support/Firefox/Profiles/xxxxxxxx.default/extensions/%7Be4a8a97b-f2ed-450b-b12d-ee082ba24781%7D/components/greasemonkey.js", 392))
Greasemonkey getFirebugConsole() error:
(new TypeError("chromeWin.Firebug is undefined", "file:///Users/<username>/Library/Application%20Support/Firefox/Profiles/xxxxxxxx.default/extensions/%7Be4a8a97b-f2ed-450b-b12d-ee082ba24781%7D/components/greasemonkey.js", 392))

特に実害はないのだけれど、流石にこれだけ大量(どうもスクリプトの実行時に常に吐き出している様子)だとログが見難くなるので、Firebug をインストールしてない場合でもエラーが出ないようにした。特に不具合もない様子。

--- greasemonkey.js.orig     2009-01-27 15:59:38.000000000 +0900
+++ greasemonkey.js     2009-02-26 21:56:34.000000000 +0900
@@ -389,6 +389,7 @@
   getFirebugConsole: function(unsafeContentWin, chromeWin) {
     try {
       chromeWin = chromeWin.top;
+      if (!chromeWin.Firebug) return null;
       var fbVersion = parseFloat(chromeWin.Firebug.version, 10);
       var fbConsole = chromeWin.Firebug.Console;
       var fbContext = chromeWin.TabWatcher &&

Posted at 23:25 | Firefox | COM(0) | TB(0) |
2009.01.16

はてなブックマークのヘッダーを常に固定するユーザスタイルシート

何時の頃からか、はてブでヘッダーが画面に常に表示されるようになってしまった。

邪魔だし、Firefox だとスクロールも重くなって鬱陶しい事この上ないので、常に固定するスタイルシートを適用する事に。これですっきり。

@namespace url(http://www.w3.org/1999/xhtml);

@-moz-document domain(b.hatena.ne.jp) {
  body.fixed-header { padding-top: 0 !important;}
  body.fixed-header #header { position: static !important; }
}

Posted at 16:40 | Firefox | COM(2) | TB(0) |
2009.01.16

Hotmail が POP/SMTP 対応で Thunderbird で送受信可能に

Hotmail(Windows Live Hotmail)が POP/SMTP 対応に。

これでメールソフトや、他の Web Mail サービスからも利用出来るようになりました。

これまでも Thunderbird では WebMail アドオンを使えば送受信可能でしたが、Hotmail 側で対応ということで安心感が違います。 また Gmail にメールを纏めたい人にも朗報ですね。

送受信の設定値は次のようになっています

  • 受信設定
    • POP サーバ:pop3.live.com
    • ポート番号:995(SSL)
    • ユーザ名:メールアドレス(example@hotmail.comとか)
    • パスワード:Hotmail のパスワード
  • 送信設定
    • SMTP サーバ:smtp.live.com
    • ポート番号:25 or 587(TLS)
    • SMTP認証:必要(受信用ユーザ名、パスワードと同じ)

入力し終えたら、送受信の確認をして設定完了です。特に迷う所はないと思いますが、参考までに 私の Thunderbird の設定画面を載せておきます。

Thunderbird での受信設定

Thunderbird での受信設定

  1. アカウント作成ウイザード(ファイル→新規作成→アカウント)で、POP サーバに pop3.live.com、ユーザ名に Hotmail アドレスを入力してアカウントを作成する
  2. アカウント設定画面(ツール→アカウント設定)を開き、先ほど作成した Hotmail のサーバ設定を選択する
  3. 「SSLを使用する」にチェック
  4. 「保護された認証を使用する」のチェックを外す

Thuderbird での送信設定

Thunderbird での送信設定

  1. アカウント設定画面(ツール→アカウント設定)を開き、「送信(SMTP)サーバ」を選ぶ
  2. 「追加」をクリックし、サーバ名に smtp.live.com を入力
  3. 「ユーザ名とパスワードを使用する」にチェックをし、ユーザ名に Hotmail アドレスを入力する
  4. 「TLS」にチェック

Posted at 16:36 | Thunderbird | COM(0) | TB(0) |
2008.12.18

Firefox がサービスメニュー対応

Bug 135268 – Support OSX services が FIXED になって Firefox もようやくサービスメニュー対応に。

既に修正は trunk に取り込まれており、nightly では利用可能になっています。普段使用しているランチャー、LaunchBar に簡単に選択テキストを渡す事が出来るようになって、かなり便利。

ただ少し残念なのは 3.1 には入りそうにない事。3.1リリース(来年三月を予定)後の次となると、日の目を見るのは少なくとも一年以上先になりそうです。


Posted at 22:59 | Firefox | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。