スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2005.12.30

POPFile 今年もありがとう

迷惑メールフィルターは結構前からPOPFileを使っているんですが、前回のデータリセットからちょうど一年経ってました。なんでこの一年のデータを載っけてみたいと思います。

まずは精度

分類精度
精度 99.53%
分類されたメール数 5,376
分類エラーの数 25

次に詳しい内訳です。

分類されたメール数
バケツ 分類数 誤検出 見逃し
inbox 3,533 (65.71%) 3 15
spam 1,807 (33.61%) 10 10
unclassified 36 (0.66%) 12

ある程度学習させてからのデータなので、かなりの精度で迷惑メールをはじいてくれてます。

しかし一年で迷惑メール1800通ですか。実は半年ほど前に迷惑メールの温床となっていたメールアドレスを変更してからはほとんどこなくなったので、実質半年たらずで千数百通の迷惑メールが来たことになります。これだけ来るってことは、業者はそれなりに実入りがあるってことなのでしょうか。迷惑な話です。


スポンサーサイト
Posted at 14:54 | Application | COM(0) | TB(0) |
2005.12.28

zshでja_JP.UTF-8

zshが次期バージョン4.3でマルチバイト文字に対応するとのこと。試しに現在公開されている開発版zsh 4.3.0-dev-2を入れてみました。

% curl -O http://www.zsh.org/pub/development/zsh-4.3.0-dev-2.tar.bz2
% bzip2 -cd zsh-4.3.0-dev-2.tar.bz2 | tar xf -
% cd zsh-4.3.0-dev-2/
% ./configure --prefix=/usr/local/zsh4.3 --enable-multibyte
% make
% (cd Test; make test)
% sudo make install

少し使ってみましたが、日本語のファイル名やディレクトリの補完も問題ないですね。今はtcshを使っているんですが、しばらく試しに使ってみようかと思います。

勉強の為のリンク


Posted at 23:17 | Mac | COM(0) | TB(0) |
2005.12.26

Mac OS Xでのプロファイルマネージャ起動方法

プロファイルの新規作成方法は以前書きましたが、今回はプロファイルマネージャの起動方法です。Mac OS XでFirefoxやThunderbirdのプロファイルマネージャーを起動するには、ターミナルを使わなければならないのでちょっと面倒なんですよね。なのでその方法を書いてみたいと思います。

  1. ターミナルを起動します。ターミナルは/Applications/Utilities に在ります。
  2. コンテキストメニューからアプリケーションパッケージを開きます。

    051226_showpkg.png

  3. パッケージ内のContents/MacOS/firefoxを、ThunderbirdならContents/MacOS/thunderbird-binをターミナルのウインドウにドラッグ&ドロップします。

    051226_2terminal.png

  4. ターミナルに入力された文字列(パス)の最後に -P を加えて、returnを押します。

    % /Applications/Firefox.app/Contents/MacOS/firefox -P
    

これでプロファイルマネージャが起動します。頻繁に起動するならAppleScriptなんかで起動スクリプトを書いておくと楽だと思います。


Posted at 21:10 | Firefox | COM(0) | TB(1) |
2005.12.22

Thunderbirdで一時的にHTMLメールを表示する Allow HTML temporary

安全面から、はたまた鬱陶しいからという理由でメールは常にプレーンテキストで表示している人は多いと思います。私も普段はプレーンテキストで表示しているのですが、たまにHTMLで見たいとな思うことがあります。そんな時に便利なのがThunderbird用の拡張Allow HTML temporaryです。

この拡張を入れるとメニューから表示モードを変更せずとも、ワンクリックでHTML表示にできます。さらにHTMLで表示されるのはそのメールを見ている間だけなので、次に見た時はプレーンテキストで表示されるし、他のメールにも影響しません。

インストール後はツールバーにボタンを追加し、HTMLで表示したいと思うメールでボタンをクリックします。これでそのメールが一時的にHTMLで表示されます。

051222_showhtmls.png

リモート画像も表示したい場合は、ボタン横のドロップダウンメニューから「Show HTML and remote images」を選びます。注意する点としては、一度画像を表示したメールを次にHTML表示にすると画像も表示されてしまうということです。


Posted at 21:45 | Thunderbird | COM(0) | TB(0) |
2005.12.21

Firefoxでのcookieの設定

cookieの設定をどのようにすれば、安全かつ楽かなってちょっと考えてみました。最も堅実なのは許可サイト以外はすべて拒否する方法だと思います。でもこれをするとたまに閲覧出来ないサイトが出てくるんですよね。その度に設定を変更するのも面倒です。そこで少し前からこんな方法をとってます。

まず基本は「受け取るけれどもFirefox終了時に破棄」です。


しかしこの設定では、ログイン情報をcookieで管理しているようなサイトではFirefoxを再起動する毎にパスワードを入力しなければなりません。その場合まず「常に訪ねる」に設定します。

051221_cookie1.png

その後目的のサイトにいくと、どうするか尋ねてくれます

051221_cookie2.png

ここでチェックボックスにチェックを入れて「許可(Allow)」を選ぶと、例外サイトに登録されてFirefox終了時にもcookieが保持されるようになります。許可した後は、「終了時に破棄」に戻しておいてください。

またこのドメインのcookieは受け入れたくない、って時にはunless I have removed ~にチェックを入れてからそのサイトのcookieを削除します。すると例外サイトにBlockとして登録され、以後そのドメインからのcookieは受け入れなくなります。


Posted at 21:00 | Firefox | COM(0) | TB(0) |
2005.12.14

launchd and cron

メンテナンススクリプトの実行をcron経由に変更したことは以前書きましたが、launchd経由の実行もいつか直るだろうと思って停止していませんでした。するとログのローテートの時間が変なことに。

そこでデイリースクリプトの実行時間を調べてみました。launchdでは23時15分、cronは23時30分に設定しています。

% grep 'JST' /var/log/daily.out | tail 
Wed Dec  7 08:22:22 JST 2005
Wed Dec  7 23:30:00 JST 2005
Thu Dec  8 14:42:46 JST 2005
Fri Dec  9 13:56:27 JST 2005
Fri Dec  9 23:30:00 JST 2005
Sat Dec 10 01:36:34 JST 2005
Mon Dec 12 13:05:56 JST 2005
Mon Dec 12 23:30:01 JST 2005
Tue Dec 13 02:02:41 JST 2005
Wed Dec 14 19:47:29 JST 2005

こうして見るとcronは指定時間通りに、launchdは日によってまちまちではあるがスクリプトを実行はしていますね。確証はないのですが、どうもanacronのように前回の実行時間からの経過時間をみているような感じです。

サーバーと違ってスリープや電源を落とすことが普通の個人使用では、cronよりlaunchdの仕様の方が嬉しいので、/etc/crontabを全部コメントアウトしてみました。しばらくこれで様子を見たいと思います。


Posted at 20:22 | Mac | COM(0) | TB(0) |
2005.12.13

Web Developer Beta 0.9.9

サイトを色々いじくる際に何かと便利なWeb Developerを入れてみようと思ったら、次期バージョンのベータがあったのでそちらを入れてみました。直ぐにわかる新機能は

  • HTMLも編集出来るようになっている
  • ソースを任意のエディターで表示出来る

当りでしょうか。次期バージョンに向けての新機能や、修正点はまだすべて満たしてはいないようですが、さらに便利になってます。

ただベータ版なので仕方ないのですが、多少不安定なのとやたらFirefoxが重くなってしまいました。しょうがないので別のプロファイルで使っていこうかと思ってます。


Posted at 20:18 | Firefox | COM(0) | TB(0) |
2005.12.09

Thunderbirdでタブ

Thunderbird にタブが来た - えむもじら経由、次期バージョンでThunderbirdでもTab機能がつくようです。Mac版テストビルドもあったので試してみたのですが、えむもじらで紹介されているのと同様新規タブでメッセージを開くと文字化けしてしまいました。それ以前にこれ便利なんだろうかと、ちょっと考えてしまいました。

とかなんだかんだ言いつつ実装されれば思いっきり使ってそうですが。

追記

次期バージョンなんて書きましたがThunderbirdの次期バージョンは1.5、Tab機能は2.0でつく予定なので、次の次のですね。すでに1.5RC1を使っていたので思いっきり勘違いしてました。


Posted at 23:26 | Thunderbird | COM(0) | TB(0) |
2005.12.09

Firefoxテーマ Smoke

1.0の頃からお気に入りのテーマ、Smoke1.5にも対応していると知って早速入れてみました。シンプルで落ち着いた色使いが好きな方にはお勧めのテーマです。


Thunderbird用のテーマもあります。


他のテーマも完成度が高くお勧めです。


Posted at 21:56 | Firefox | COM(0) | TB(0) |
2005.12.08

google cookieのIDを0で上書きするGreaseMonkey Script

googleのcookieにはユニークなIDが仕込まれていて、ユーザの行動を調べているかもしれない、という話。

  1. Googleはブラウザに対して、事実上の永続CookieにユニークIDを発行している。
  2. Googleの検索結果リンクはリダイレクタになっており、Googleはユーザが特定キーワードで検索した結果から、次にどのようなページを参照したか、表示結果のうちどれぐらいのページを探索したかなどの情報を、つぶさに収拾することが出来る仕組みになっている。
  3. Googleは、Gmail等により、永続Cookieと対応付けすることが可能な個人情報を収集・保存している。

SecuLogより

保存されていたcookieを見てみると、確かにIDがついてました。しかも有効期限は2038年まで‥

googles cookie, ID付き

実際どの程度のことをしているのかは部外者にわかるはずも無いのですが、あまり気持ちのいい話ではありません。googleからのcookieを拒否するという手もありますが、それをするとGmailにログイン出来なくなってしまいました。そこでAnonymizing Google's cookieにあるIDを0で上書きするGM スクリプトを試してみると、うまいこといきました。

googles cookie, IDは全部0

ちょこっと修正するとgoogle.co.jpにも対応したので、一応ここにおいておきます。いや、修正って言っても正規表現の部分にco.jp を付け加えただけなんですけどね。

  • googleanonymizer.user.js

2005-12-08 11:25 追記

google.co.jp からのcookieを拒否していてもGmailにログイン出来ました。と言う訳でGmailを利用する場合に、google.comからのcookieだけ受け入れていても支障はないようです。

2008-05-03 追記

遅まきながらファイルを削除いたしました。cookie の管理は「Firefoxでのcookieの設定」に書いたように、第三者 cookie は受け入れない、ブラウザ終了時に削除するといった方法でいい気がしてます。


Posted at 10:16 | Greasemonkey | COM(0) | TB(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。