スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted at --:-- | スポンサー広告 |
2006.07.28

Greasemonkey 0.6.5、Fx 2.0b1 をサポート

Javascript によるユーザサイトスクリプト実行環境 Greasemonkey が、Firefox 2.0 対応でバージョンアップです。

Firefox 2.0 の足音も聞こえ始めて、拡張の対応状況を見ながらいつ乗り換えるかタイミングを計ってたんですが、そろそろいけそうな感じですね。

Tags: ,


スポンサーサイト
Posted at 19:14 | Firefox | COM(0) | TB(0) |
2006.07.28

Thunderbird 1.5.0.5 リリース

Thunderbird 1.5.0.5 がリリースされました。11件の脆弱性の修正と、安定性の向上が図られています。更新は Thunderbird の「ヘルプ」>「ソフトウェアの更新を確認」、又は下記のリンクからどうぞ。

UA はこんな感じです。

  • Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; ja-JP-mac; rv:1.8.0.5) Gecko/20060719 Thunderbird/1.5.0.5

Posted at 10:54 | Thunderbird | COM(0) | TB(0) |
2006.07.27

OnMyCommand 用コマンド

OnMyCommand は、コンテキストメニューに独自のメニューを追加出来る Mac OS X 用のプラグインです。

これを使えば、選択したテキストを任意の検索サイトで検索したり、ファイルを zip 形式で圧縮したりと言った事が、コンテキストメニューから行えるようになります。

独自のメニューを作成するにはシェルや AppleScript 等の知識が必要になりますが、既に多数のコマンドが登録されています。

ここは私が作ったり、既存のコマンドを変更したものの一覧です。コマンドの追加には、OMCEdit のメニューから「ファイル」>「コマンドを読み込む」でダウンロードしたファイルを選択してください。

パスやハッシュ値をコピー(2006年7月27日更新)
ファイルやフォルダのパス(Unix, HFS, URL)や、ファイルのハッシュ値(MD5, SHA-1)をクリップボードにコピーします
選択したテキストを検索(2006年3月29日更新)
選択したテキストをいろいろな検索サイトで検索します。

Posted at 21:10 | OnMyCommand | COM(0) | TB(0) |
2006.07.27

コンテキストメニューからパスやハッシュ値をコピー

久々の OnMyCommand ネタ。ファイルやフォルダーのパスや、ファイルのハッシュ値をクリップボードにコピーします。インストールはOMCEdit のメニューから「ファイル」>「コマンドを読み込む」でダウンロードしたファイルを選択してください。

コピーする値はそれぞれ下記の通りです。括弧内は例。

Unix Path
スラッシュ区切りのパス。ホームを ˜(チルダ)に変換します(˜/Documents/テスト.txt)
Unix Path (FullPath)
スラッシュ区切りのパス(/Users/you/Documents/テスト.txt)
HFS Path
コロン区切りのパス(Mac:Users:you:Documents:テスト.txt)
URI
file スキーム(file:///Users/you/Documents/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88.txt)
MD5
MD5 チェックサム(0b4e7a0e5fe84ad35fb5f95b9ceeac79 /Users/you/Documents/テスト.txt)
SHA-1
SHA1 ダイジェスト(SHA1(/Users/you/Documents/テスト.txt)= f7a9e24777ec23212c54d7a350bc5bea5477fdbb)

変更履歴

  • 2006年7月27日:配布

Tags: ,


Posted at 21:04 | OnMyCommand | COM(0) | TB(0) |
2006.07.27

Firefox 1.5.0.5 リリース

Firefox 1.5.0.5 がリリースされました。脆弱性の修正と安定性の向上が図られています。アップデートはメニューの「ヘルプ」から、又は下記のリンクからどうぞ。

UA はこんな感じです。

  • Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; en-US; rv:1.8.0.5) Gecko/20060723 Firefox/1.5.0.5

Posted at 10:31 | Firefox | COM(0) | TB(0) |
2006.07.25

Last.fm の日本語版を使いたくない場合

追記(19時)

日本語版に強制転送されなくなっていました。これによってページ左下部にある言語選択のリンクも正しく動作するようになっています。と言う訳で下記の設定は、必要ありません。


Last.fm にて日本語版がスタートしていました。

日本語化はいいのですが

  • Web 上にラジオが表示されない
  • 専用プレーヤーで「Skip」「Ban」が出来ない
  • 直訳っぽい変な日本語
  • フォーラムへのリンクが無い
  • アーティストの情報ページは日本専用
  • アーティストの画像は現時点では非表示
  • なにより強制的に日本語版に飛ばされる

と、さながら島流しのような状況です。これは嫌です。嫌すぎます。どうも Accept-Languages を見て日本語版に飛ばすかどうか決めているようです。この設定は Firefox なら簡単に変更出来るので、「こんな日本語化なら英語のままでいい!」って人はお試しください。

  1. Firefox の環境設定を開く
    • Windows なら ツール > オプション
    • Mac OS X なら Firefox > 環境設定
  2. 「詳細」の「一般」タブを開き、「言語設定」へ
  3. 「言語設定」で「日本語」より「英語」を上に移動する

    060725_fxlang.png

これでLast.fm にアクセスしても日本語版に飛ばされなくなれます。ただし他のサイトで、日本語版があるのに英語のページが出る事があるかもしれません。その場合は上記の設定を元に戻してください。

いちいち設定を変更するのが面倒だ!!って人はですね、Squid 入れて以下の設定でいけます。

acl lastfm dstdomain www.last.fm
header_access Accept-Language deny lastfm
header_replace Accept-Language en

Tags:


Posted at 16:21 | Web | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。