スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.09.16

Mac で Firefox や Thunderbird のソフトウェアの更新がうまくいかない場合

Mac 限定でしかもかなりレアな話ですが、私の環境では少し前のバージョンから Firefox、Thunderbird 共に「ソフトウェアの更新を確認」が全く機能してませんでした。何時までたっても「更新は無いよ」とのつれない返事で、今回もそうだったんですがやっとこさ原因が分かりました。

結論から書くと、ユニバーサルバイナリ(以下 UB)から不要な方のデータを削除していた為でした。

そして対処として user.js に以下を追加すれば問題なく機能するようになりました。

  • Firefox 1.5.0.x

    user_pref("app.update.url.override", "https://aus2.mozilla.org/update/1/%PRODUCT%/%VERSION%/%BUILD_ID%/Darwin_Universal-gcc3/%LOCALE%/%CHANNEL%/update.xml");
  • Firefox 2.0

    user_pref("app.update.url.override", "https://aus2.mozilla.org/update/2/%PRODUCT%/%VERSION%/%BUILD_ID%/Darwin_Universal-gcc3/%LOCALE%/%CHANNEL%/%OS_VERSION%/update.xml");

何でかというと UB から不要な方のデータを削除すると、更新確認用の URL が変わってしまうんですね。例えば UB の Firefox 1.5.0.6 なら

  • https://aus2.mozilla.org/update/1/Firefox/1.5.0.6/2006072814/Darwin_Universal-gcc3/en-US/release/update.xml

に問い合わせをするんですが、Power PC だけの Firefox 1.5.0.6 だと

  • https://aus2.mozilla.org/update/1/Firefox/1.5.0.6/2006072814/Darwin_ppc-gcc3/en-US/release/update.xml

に問い合わせをしにいきます。既にユニバーサルバイナリのみの提供になっているので、これだといつまでたっても更新が無いという事になります。だから更新確認用の URL を元のようになるように書き換えてやればいい訳です。

Firefox 2.0 の更新確認用アドレスを追加。

2006-12-14T20:10

関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://wildlifesanctuary.blog38.fc2.com/tb.php/104-460802a4
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。