スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.03

コマンドの結果を Vim で表示

diff の結果を Vim で色付けして見やすくしようと言う話。vim の diff mode はよく使うけど、これは思いつかなかった。

ところで zsh ならグローバルエイリアスだけでなく、プロセス置換という手もあります。

% vim =(diff fileA fileB)

一時ファイルを作ってそれを開いてるんですが、vim を終了すれば消えてしまうし、読み込み専用でないので少し編集して保存したい時なんかに使ってます。

関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://wildlifesanctuary.blog38.fc2.com/tb.php/126-1a736f63
この記事へのトラックバック
コードを書いていると、以前のコードと現在のコードとのdiffを取りたいことがよくあります。 でも、diffの結果はちょっと読みにくい。もしdiffの結果が色付けされていたら、もっと読みやすいじゃないかと、今日ふと思いました。 そこで、zshのグローバルエイリアスを使って
zsh: diffの結果をvimで色付けして表示するグローバルエイリアス | CMS researcher at 2006.11.03 21:35
この記事へのコメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。