スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.24

OS X 10.4.9 の Eject 長押しを回避する方法

OS X 10.4.9 アップデートで Eject キーが長押ししないと機能しなくなってしまいました。まあこれ自体はどうでもいいんですが、困った事にショートカットキーも長押ししないといけない事に。

Eject キーを使用するショートカットキー
キー操作 説明
Control-Eject 再起動、スリープ、システム終了ダイアログボックス
Control-Command-Eject すべてのアプリケーションを終了して再起動
Option-Command-Eject スリープ

私は上記では「スリープ」をよく使うのですが、普通に押すだけでは機能せず、長く押し過ぎるとすぐにスリープが解除されてしまって、かなり難儀してました。何でこんな変更したのかと。

それでこの長押しをどうにかして回避する方法が「macosxhints.com - 10.4: Avoid the 10.4.9 Eject key activation delay」で紹介されていました。ショートカットキーを入力する場合は普通修飾キーから押すと思います。

  • Controlを押す→Ejectを押す

といった感じですね。それを Eject キー から押すようにするといいとの事。

  • Ejectを押す→Controlを押す

確かにこれだとすぐにダイアログが出てきます。他のショートカットキーも同様にするといいようです。

  • EjectOption:直ぐに Eject
  • EjectCommandOption:スリープ

ただこの方法も油断してると光学ドライブが開いてしまうという罠が。さっさと以前の仕様に戻して下さい><

追記(07年11月3日):OS X 10.4.10 にて修正が行なわれ、修飾キー押下時に eject キーを押した場合はすぐに反応するようになっています。滅茶苦茶遅い報告ですいません。

関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://wildlifesanctuary.blog38.fc2.com/tb.php/155-d6ba82db
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。