スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.06

Firefox Beta 5 に移行

メインの環境を Firefox 3 Beta 5 にしました。巷間言われているように Firefox 2 と比べるとメモリ消費も少なく、Javascript の実行速度もかなり速くなっています。私の環境ではメモリや Javascript の速度に関しては Safari 3.1 よりも良かったり。

Firefox の移行時は拡張の対応を調べるのが面倒だったりするので、現在インストールしている拡張と、Firefox 3 Beta 5 対応の有無を纏めてみました。参考までにどうぞ。バージョンやセキュリティのチェックに関しては、互換性について - Firefox更新情報 Wiki に詳しく書かれていますのでそちらを確認して下さい。私はバージョンチェックの回避には MR Tech Toolkit で対応しています。

Firefox 3.0 Beta5 対応済みの拡張

DOM Inspector
2.0.0 で対応
Download Statusbar
0.9.6.1 で対応
FireGestures
1.1b で対応。1.0.5 もバージョンチェックを回避すればインストール可能。動作も問題ない様子。
Greasemonkey
svn レポジトリの最新版では既に対応済み。
svn co http://svn.devjavu.com/greasemonkey/trunk/src/ .
sh build.sh
私の環境では編集画面からエディタでスクリプトを開く事が出来ないが、スクリプトの動作そのものは問題無し。
MR Tech Toolkit
6.0a28 は対応済み
SearchBox Sync
1.1.2 で対応
SearchWP
2.1 で対応
Stylish
0.5.6 で対応
userChrome.js
0.8 で対応

バージョンチェックの回避や、何らかの修正が必要だった拡張

ScrapBook
バージョンチェックの回避で 1.3.3.1 がインストール可。動作も問題無い模様。
Make Link
バージョンチェックの回避で 3.0.2 がインストール可。動作も問題無い模様。
keyconfig
20060828.1 Firefox 3 Beta 向けの修正を施して、ついでにバージョンチェックとセキュリティチェックを回避する為に install.rdf も修正。
--- install.rdf.orig    2007-05-23 14:36:50.000000000 +0900
+++ install.rdf 2008-04-05 23:10:26.000000000 +0900
@@ -21,12 +21,11 @@
     <contributor>kyo (ko-KR)</contributor>
     <homepageURL>http://mozilla.dorando.at/</homepageURL>
     <description>Rebind your keys.</description>
-    <updateURL>http://mozilla.dorando.at/update.rdf</updateURL>
     
     <targetApplication><rdf:Description>
       <id>{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}</id>
       <minVersion>1.5.0.6</minVersion>
-      <maxVersion>2.0.0.3</maxVersion>
+      <maxVersion>3.0.*</maxVersion>
     </rdf:Description></targetApplication>
     
     <targetApplication><rdf:Description>
Launchy
バージョンチェックを回避すれば 4.2.0 がインストール可能。ただし Bug 322865 の為に Mac では動作しないので、launchy@gemal.dk/chrome/launchy.jar!/content/io.js を修正する。
--- io.js.orig  2008-04-05 23:30:35.000000000 +0900
+++ io.js       2008-04-05 23:30:50.000000000 +0900
@@ -139,7 +139,7 @@
                                        data = null;
                                var lfile = Components.classes[this.localfileCID].createInstance(this.localfileIID);
                                lfile.initWithPath(file);
-                               if (lfile.isFile() && lfile.isExecutable()) {
+                               if (lfile.isFile()) {
                                        try {
                                                var process = Components.classes[this.processCID].createInstance(this.processIID);
                                                process.init(lfile);
関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://wildlifesanctuary.blog38.fc2.com/tb.php/163-d7c25ee3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。