スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.22

Thunderbirdで一時的にHTMLメールを表示する Allow HTML temporary

安全面から、はたまた鬱陶しいからという理由でメールは常にプレーンテキストで表示している人は多いと思います。私も普段はプレーンテキストで表示しているのですが、たまにHTMLで見たいとな思うことがあります。そんな時に便利なのがThunderbird用の拡張Allow HTML temporaryです。

この拡張を入れるとメニューから表示モードを変更せずとも、ワンクリックでHTML表示にできます。さらにHTMLで表示されるのはそのメールを見ている間だけなので、次に見た時はプレーンテキストで表示されるし、他のメールにも影響しません。

インストール後はツールバーにボタンを追加し、HTMLで表示したいと思うメールでボタンをクリックします。これでそのメールが一時的にHTMLで表示されます。

051222_showhtmls.png

リモート画像も表示したい場合は、ボタン横のドロップダウンメニューから「Show HTML and remote images」を選びます。注意する点としては、一度画像を表示したメールを次にHTML表示にすると画像も表示されてしまうということです。

関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://wildlifesanctuary.blog38.fc2.com/tb.php/18-f782d6dd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。