スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.19

oAutoPagerize の SITEINFO を自動更新する launchd.plist

Safari 用の AutoPagerize である oAutoPagerize の SITEINFO を自動更新する launchd.plist。今の所、手動更新する必要があるので書いてみました。

先ず下記のコードをファイルに保存してください。ファイル名は拡張子が plist なら何でもいいと思います。例えば autopagerize.plist とか。次にファイルを ~/Library/LaunchAgents フォルダ(LaunchAgents フォルダが無い場合は作成)に移動して、再ログインするか Terminal から次のコマンドを実行すれば読み込まれます。

$ launchctl load ~/Library/LaunchAgents/autopagerize.plist

更新間隔は9時間に設定しています。間隔を変更するには StartInterval の値(単位:秒)を変えてから、再ログインして下さい。なお元のファイルの更新は3時間毎となっているようなので、それより短い間隔にしても意味は無いと思います。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple Computer//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
  <dict>
    <key>Label</key>
    <string>com.autopagerize.siteinfo.autoupdate</string>
    <key>ProgramArguments</key>
    <array>
      <string>/usr/bin/curl</string>
      <string>-sS</string>
      <string>-o</string>
      <string>Library/Application Support/GreaseKit/0autopagerizesiteinfo.user.js</string>
      <string>http://ss-o.net/userjs/0AutoPagerize.SITEINFO.user.js</string>
    </array>
    <key>StartInterval</key>
    <integer>32400</integer>
  </dict>
</plist>
関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://wildlifesanctuary.blog38.fc2.com/tb.php/183-1b66b1e5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。