スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.23

Safari に脆弱性が見つかる

各所で既報ですが、Safari に深刻な脆弱性が見つかっています。

私も少しテストしてみましたが、本当にあっけなくスクリプトを実行してくれました。Safari を使っている方は早急に環境設定から「ダウンロード後、"安全な"ファイルを開く」のチェックを外しておきましょう。

060223_1.png

それ以外のブラウザでも、こういったことが何時あるか解らないので似たようなオプションは無効にしておくべきでしょうね。本当はこういった自動でなにかを実行するようなオプションは、標準でオフになっているべきだと思うのですが。

それと自動で実行しなくても解凍したファイルをダブルクリックすれば同じなのでそれも注意です。画像や動画なのに種類が「ターミナル 書類」になっているファイルは要注意、というかさくっと削除してしまいましょう。

060223_2.png

関連記事

この記事へのトラックバックURL
http://wildlifesanctuary.blog38.fc2.com/tb.php/47-2bcf7fd7
この記事へのトラックバック
スクリプトが自動で実行されてしまう Safari の脆弱性や、Leap.A ワームへの対策を施したセキュリティアップデートが公開されています。About Security Update 2006-001アップルからMax OS Xのセキ
Safari の脆弱性等を修正したセキュリティアップデート | 鳥獣保護区 at 2006.03.02 15:33
この記事へのコメント
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。